人気サイトRANKING出会いやすいサイトを厳選しました!!
SWEET LINEのバナー

様々な出会いが可能な人気サイト

らぶらぶメールは、登録無料だから安心! メル友や恋人、割り切った関係まで色々な目的の出会いが可能! 幅広い世代を中心に最も賑わっているサイトです。

FirstMailのバナー

登録無料で速攻出会う!

援助交際のトレンド、それが家出掲示板なんです!書き込みは連日大盛況、困っている女子がたくさん★
地域別に検索できるので、近所で相手探しも可能です♪

家出@伝言板のバナー

最近話題沸騰中!!

最近人気が出てきています。 その理由は使いやすさと、出会いの実績。 サイト内の機能を使えば、素人でも簡単に、経験豊富な好みの女性と出会えること間違いなし。

不倫人妻情報館のバナー

アダルトな出会いに特化!

アダルトな出会いに特化した注目度NO.1サイトがコチラ!セフレ、援交、アブノーマルなどジャンルは多数!
男女のバランスが良いので、必然的に出会い率もUPします♪

プチ神募集掲示板のバナー

即アポに特化したサイト!

今すぐ会いたい女の子が多数待機中!その日のうちに会ってSEXも充分可能ですよ!
登録無料ですぐ利用できますので、今すぐ出会いたいという方は是非★

援助交際は、誰でも簡単にすることが可能!


援助交際をするのは、非常に簡単です。出会い系サイトを使えばよいのです。出会い系サイトには、さまざまな目的の男女が登録しています。が、実は、女性の約90%ほどは援助交際目当てなのです。登録してみればわかりますが、用意された掲示板には援助を求める書き込みがずらっと並んでいます。その中から、好みの子を選んで連絡すればよいだけです。「条件聞きます」とか「掲示板の内容でOKです」とか言えば、すぐに向こうは食いついてくるでしょう。

出会い系サイトでは、建前上は援助交際を希望するような書き込み、メールは禁止されています。「お金ください。くれたらセックスします」などと、はっきり援助交際の旨の書かれているものに関しては、削除したり、発言者にペナルティを科したりすることができますが、隠語を使って遠まわしに募集している場合には、それを取り締まるようなことはしません。なぜなら、キリがないからです。

出会い系サイトの運営者も、出会い系サイトというものが主に援助交際の相手を探すことに使われると知っているので、細かいところにまでいちいち気を配ってはいられないのです。そもそも、援助交際を完全に禁止してしまえばサイトの利用者は激減し、それ以上の運営は立ち行かなくなります。よって、どの出会い系サイトでも、隠語や暗号的なメッセージを使っているぶんには、援助交際の書き込み、メールは容認されているのです。

たとえば、援助希望の書き込みでもっとも一般的なのは、「ホ別②」といった書き方です。これはホテル代別で20000円を意味します。この人にメールを送って会うことになれば、およそ30000円弱の出費は覚悟しておかなければならない、ということです。そのほかにも、「円希望」だったり、「条件聞いてくれる人」だったり、「お願いあり」だったり、「パパになってくれる人」だったり、援助希望をするための言い回しは多数存在します。

掲示板に書き込みをしているどの女性にメールを送っても、大概は援助交際を希望している人なので、覚える必要はありませんが、初めのメールを送ったときに、彼女の求めていることを理解していると、話がスムーズに進みます。彼女らは、今すぐにお金が欲しいから援助交際をしているのであり、条件その他についていちいち説明を求めてくるような男を相手している暇はありません。必要最低限のことは覚えておいたほうが、会うまでの流れがスムーズになりますね。

中高生と援交できるか?

中高生と援助交際がしたいと考えている男性も、もしかしたらいるかもしれません。では、犯罪だとかなんだとかいうのを度外視して、方法としてそれは可能なのでしょうか?はっきり言ってしまえば、可能です。どんな人でもすることができます。まず、出会い系サイトですが、実はこれ、18歳未満であっても登録、利用ができてしまうんです。

法改正に伴い、出会い系サイトを使う場合はその運営者に身分証明(18歳以上であることの証明)が必要になりましたが、これは何も強制ということではありません。身分証を提示していなくとも、サイトの掲示板に書き込みをしたり、サイト内でメールをしたりすることはできるんです。ただ、連絡先の交換はできませんけどね。

また、連絡先の交換がどうしても必要だったとしても、姉や友人、母親の身分証明書を、自分のものだと偽って提出すればよいのです。出会い系サイトでの身分証の提示には、写メが用いられます。携帯電話のカメラで撮影したものを、メールで送るだけで構わないのです。年齢を詐称することは、どのサイトでも特に禁じられていませんし、登録情報にある年齢と、身分証の年齢とが違っていても、なんら問題はないわけです。それをいちいち追求し、調査していては、サイトの運営どころではありませんからね。そういったわけで、本来は18歳未満利用禁止の出会い系サイトであっても、中高生が登録していることもあり、その子らをうまく見つけ出せれば、中高生との援助交際は可能です。

そういった女の子は、「若いけど」とか「制服で」とか、それらしい書き込みをしています。むろん、サイト内で「実は18歳未満で」と真実の明かされることはありませんが、あやしげな書き込みをしている子を狙っていけば、ヒットする率は高いと思われます。

掲示板を利用する

また、中高生を狙うのであれば、ネット掲示板を利用するのもひとつの手です。出会い系サイトとは違って、自分の連絡先を晒さなければならない、悪戯される危険性がある、などといったリスクを伴いますが、ネット掲示板を使った場合にも、おそらくは相手を見つけられると思われます。こんなふうに書き込んでおけばいいのです。

「困っている子、相談乗るよ。条件聞かせてね」

そして、その下にアドレスを記しておく、と。悪戯の標的になってしまう危険性が高いため、できればフリーアドレスなどを使いたいところですね。また、いきなり募集しなくとも、そういった掲示板で女の子と仲良くなってから、連絡先を交換し、「お金困ってない?」と話を持ちかけるのもありです。このときに注意したいのは、それだけでは援助交際の誘いと断定することができないような迂遠な言い回しを心がけることです。中高生にセックスの誘いをすれば、それだけで捕まりかねません。援助交際となればなおさらです。相手が話に乗ってきても、こちらから決定的な発言をすることは避けましょう。

そうすれば、方法としては、中高生と援助交際をすることは可能です。